今さら恥ずかしくて聞けない仮想通貨(暗号通貨)とお金の違い?

仮想通貨

今さら恥ずかしくて聞けない仮想通貨(暗号通貨)とお金の違い?
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

今さら聞けない

仮想通貨とお金の違い

 
まず、今更ですが、
仮想通貨と暗号通貨は同じ意味です。
正しくは 暗号通貨です。

 
仮想通貨とは何んなのか?
お金と どう違うのか?についてです。

 
仮想通貨ってなんだろう?
意味が分からなくて難しそうだし
困惑している人も多いと思います。

 


最近では、BTC(ビットコイン)や
ICO(アイシーオー)など、
横文字の単語が並んでうんざりと、、、

 
例えば、あなたに
①現金100万円をあげる
②仮想通貨ビットコイン100万円分をあげる
③100万円の通帳をあげる

 
① ② ③のどれか1つを 
プレゼントしてくれるとしましょう。
あなたはどれを選びますか?

 
ほとんどの人は、①現金100万円を
選ぶと思います。

 
何故なのでしょうか?

 
それは、日本銀行&日本政府が
日本円の価値を保障しているからです。

 
しかし、もし日本がインフレで、
毎日、物価が上昇し お金の価値が
どんどん毎日下がっていたとしたら
100万円を現金で貰いますか?

 
また、100万円の通帳を貰ったとしても
その銀行が倒産しそうだったり
もし その通帳を海外でもらったとしたら
すぐには使えないのです。

 
その点、仮想通貨は、
どこの国でも現金に換金できて使えます。

 
つまり仮想通貨は、
例えばビットコインを保有している
個人個人のパソコン上での全世界のデータで
価値の構築がなされているのです。

 
でも 通貨の価値は国の強さにあり、
信頼できる国ほど価値が高くなります。

 
円やドル、ユーロなどがその代表的な例で、
どこの国でも誰もが認める通貨です。

 
しかし、北朝鮮の通貨ウォン(KPW)に
価値はあるでしょうか?
世界中どこででも使えないし、
国の通貨は国の影響をモロに受けます。

 
それでは、
仮想通貨は誰が発行しているのでしょうか?

 

 

仮想通貨は国や銀行が発行している
訳ではありません。

 
仮想通貨はコンピューター上にあります。

 
そして発行された仮想通貨は
コンピューター同士で管理され
誰と誰が取引して どこに送金されたかを
全員で管理し合っているのです。

 
このコンピューター同士が繋いでいることを
ブロックチェーンといいます。

 
つまり、一台のコンピューターが
壊れたり改ざんされたとしても
他のコンピューター同士は繋がって
管理し合っているので安心安全なのです。

 
また、改ざんされても 
他のコンピューターのデータが残っているので
正しいデータに直してくれます。

 
つまり、国の破綻や銀行の倒産はあっても
仮想通貨に破綻や倒産は無いのです。

 
もし、仮想通貨を一瞬に止めようとしても
インターネットを遮断するとか
世界中のコンピューターを
排除しなくてはならないからです。

 
つまり結論から言うと、
仮想通貨は 目に見えない将来のお金として
世界中で一瞬に取引ができ
とても便利で安全なお金に変わるもの!

 
現実的には、知っているだけではなく
便利で役に立つ存在になると想像できます。


 
追伸!


 
ザクザク不労所得を作る方法?
億万長者の「お金の入り口」を暴露!

詳しくは↓↓↓こちら
http://tuiteru.whdcar.com/p

 

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!